交通事故に遭ったら

こちらも参考にしてください。

ziko

「交通事故または後遺症でお悩みの患者様」
ますだ鍼灸整骨院は交通事故の患者様へ施術をサポートします。

むち打ちや交通事故からくる様々な症状への施術を重ね、交通事故による怪我への施術と早期回復を行っています。これまでの臨床の結果、交通事故の強い衝撃によって骨格構造のゆがみが起こる事で後に様々な症状を引き起す事が分かっています。

ますだ鍼灸整骨院は、骨格・筋肉へのダメージの回復を重点的に行います。事故の状況やケガの症状などを詳しくカウンセリングさせていただき、お一人お一人の症状に合わせた施術を行います。

交通事故に遭われた場合、骨折・打撲・捻挫・筋損傷等、歩行時・自転車の場合・車に乗車時等、様々なケースがありますが、車での交通事故のなかで最も多い外傷は、むち打ち症(頸椎捻挫)です。受傷直後は病院でレントゲンをとっても異常なしと言われる事が多くあります。

車に追突された場合や、自損事故で壁にぶつかったときに、衝撃で頭がムチのようにしなり、頸椎や肩の関節を捻挫した状態になることを「むち打ち」と呼びます。
時間の経過と共に頸椎の問題(その他腰椎・骨盤の問題)が起こり、そのため首の痛み・運動痛及び運動制限、後頭部・背部・肩・上腕部にも痛みが放散します。
しかも頭痛、吐き気、めまい、上肢のしびれ等も伴うこともあります。

病院で痛みや症状を訴えてもレントゲンを撮っても「異常ありません」で終わり「シップを出しておきますから痛かったらまた来て下さい」と言われてしまうことがよくあります。当院ではむち打ち症状のでている頚椎だけではなく全身の歪みを調整する施術を行います。そうすることで素早い症状の緩和が期待できます。

交通事故の場合、頚椎の可動域制限を残したり、慢性の偏頭痛、しびれなどを引き起こすこともあり一般的なケガよりも体にかかる負担が大きいケースが多く、適切な施術を行わない場合、長期の後遺症に悩まされることもありますので早期のアプローチが最も重要になります。
「たいしたことはないけれど、ちょっと体が痛い」 「むち打ちかもしれない」 「頭痛が出てきた」などの症状があるようであればできるだけ早く当院にお越しください。

交通事故施術の流れ

1.まずは警察に交通事故の届出

加害者はもちろん、被害者からも届け出ることが必要です。(特に怪我を負った場合は「人身扱い」の届出が重要です。)また警察署へ交通事故証明書の交付を依頼します。

2.相手の方(加害者)の情報を収集

相手方の氏名、住所と連絡先、車の登録ナンバー、自賠責保険(共済)、自動車保険の会社(組合)名、証明書番号、他にも勤務先や雇主の住所、氏名、連絡先(※業務中であれば、運転者だけでなく雇主も賠償責任を負うことがあります)。

3.現場の記録

事故のショックも加わり、事故当時の記憶は薄れることがあるため、できるなら事故直後に現場検証を行い、見取図や事故の経過、写真などの記録を残しておくことも重要です。
データとして賠償交渉終了時まで残しておけば安心です。

4.病院にて医師の診断を受ける

交通事故の施術には医師の診断が必要です。
※当院から提携病院へ御紹介も行っています。どこの病院で受診すれば良いのかが分からない場合は、一度当院までご相談ください。またその際には『交通事故の施術を希望』とお伝えください。

5.保険会社へ整骨院での施術を希望する旨を伝える

保険会社より当院に交通事故の施術依頼の連絡が入り開始となります。
症状が改善されれば施術終了です。
症状が無くなり健康な状態に戻る事が必要です。
患者様のお身体の回復を目指し、できる限りの対応をさせて頂きます。

投稿日:2016年10月22日 更新日:

Copyright© ますだ鍼灸整骨院 , 2018 AllRights Reserved.